過去の研究会活動のご紹介

第11回第12回第13回
第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回第9回第10回

第13回瘢痕・ケロイド治療研究会
大会会長 土佐 泰祥
昭和大学医学部形成外科学講座(昭和大学藤が丘病院形成外科)准教授

第13回瘢痕・ケロイド治療研究会のご案内

 このたび、第13回瘢痕・ケロイド治療研究会を2018年12月1日(土)の 会期で、砂防会館別館 シェーンバッハ・サボー 会議室(東京都千代田区平河町)にて開催させていただくことになりました。
ケロイド治療-融合と発展 Treatments for Keloid: Prospects for Future Integration
を本研究会のテーマとして鋭意準備を進めてまいりました。

 プログラムとしては、シンポジウムを2つ、一般口演(基礎、臨床)、ランチョンセミナー、座談会を入れさせていただきました。シンポジウムのテーマは、【シンポジウムI】瘢痕・ケロイド治療の最前線「傷あとはどこまで治せるのか?」-現状と今後の展望 、【シンポジウムII】将来を見据えた瘢痕・ケロイド治療に関する臨床研究のアイデアと展望 といたしました。また、一般口演は、基礎と臨床に分けて、いずれも、瘢痕・ケロイド治療の研究や臨床に携わっておられる形成外科医の先生方を中心にご口演をいただきます。座談会は、「ケロイド・肥厚性瘢痕 診断・治療指針2018」を発刊して と題しました。多彩な臨床像を示すケロイドの客観的評価が、全国どこの施設でもできるようにと、この研究会で何度も吟味を重ねて、2018年7月に全日本病院出版会より出版された冊子の編集に携わった先生方のお話を伺う予定です。

 研究会には一人でも多くの皆様にご参集いただきまして、活発な御討論を繰り広げていただき、明日からの瘢痕・ケロイドの患者様の治療に活かせていただければありがたいと考えております。

 医師はもちろん看護師、放射線技師、薬剤師をはじめ多くの皆様の研究会へのご参加を心よりお待ち申し上げております。

第13回 瘢痕・ケロイド治療研究会 開催案内

  開催日時 2018年12月1日(土)  9:00〜16:30(予定)
  開催場所 シェーンバッハ砂防会館別館会議室

【住 所】〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4
【TEL】03-3261-8390
【URL】http://www.sabo.or.jp/kaikan-annnai/bekkan.htm
 
  << 電車でお越しの場合 >>
 ・地下鉄永田町駅(有楽町線・半蔵門線・南北線)4番出口 徒歩1分
  演題募集  ・募集期間:2018年7月16日(月)9月10日(月)18時まで
            9月28日(金)18時まで(延長しました)
  10月26日(金)まで再延長しました。奮ってご応募ください
 ・演題抄録は500字以内
 ・抄録送付先:ytosa@med.showa-u.ac.jp(土佐)
 ・研究会予定
   一般演題(臨床)(公募)
   一般演題(基礎)(公募)
   シンポジウム
    1: 瘢痕・ケロイド治療の最前線「傷あとはどこまで治せるの
      か?」―現状と今後の展望(一部指定・公募)
    2: 将来を見据えた瘢痕・ケロイド治療に関する臨床研究のアイ
      デアと展望(一部指定・公募)
   パネル(指定)
  大会会長 土佐泰祥(昭和大学形成外科)
  事 務 局 大会事務局: 昭和大学藤が丘病院形成外科

日本形成外科学会「専門医更新の研究会承認」について

 瘢痕・ケロイド治療研究会が「専門医更新の研究会」の承認を平成21年4月21日付で日本形成外科学会より受けました。つきましては、本年度の研究会より「出席;4点」「演題発表筆頭者;3点」「共同2人まで;1点」の点数が受けられます。

 

▲ PAGE TOP

Copyright(C) 2007-2011 瘢痕・ケロイド治療研究会[ Japan Scar Workshop ] All rights reserved.