瘢痕・ケロイド治療研究会HOME
瘢痕・ケロイド治療研究会/代表ごあいさつ
瘢痕・ケロイド治療研究会/過去の研究会活動
瘢痕・ケロイド治療研究会/今後の研究会予定
瘢痕・ケロイド治療ジャーナルの紹介
瘢痕・ケロイド治療研究会への入会案内
瘢痕・ケロイド治療研究会/会員専用データベース
瘢痕・ケロイド治療に関する専門用語集
瘢痕・ケロイド治療研究会/リンク集

過去の研究会活動のご紹介

第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回第9回第10回

第1回 瘢痕・ケロイド治療研究会 概要

開催日時:平成18年9月3日(日)8:50 〜 16:30
開催場所:大宮ソニックシティ
第1回 瘢痕・ケロイド治療研究会プログラム(※座長・演者 敬称略)
 >> Papers of The 1st Japan Scar Workshop(英語版アブストラクト)

【研究会発会のご挨拶】8:50 〜 9:00

 発起人代表:日本医科大学 形成外科  百束 比古
       日本医科大学 放射線科  宮下 次廣

【一般演題:ケロイドの集学的治療,その他】 9:00 〜 10:00

 座長:神戸大学 大学院医学系研究科 形成外科学 寺師 浩人
    1.当科におけるケロイド・肥厚性瘢痕の治療転帰についての検討
     神戸大学 大学院医学系研究科 形成外科学  見目 和崇
    2.肥厚性瘢痕治療におけるシリコーンクッション併用の有用性
     昭和大学 医学部 形成外科  土佐 泰祥
    3.ケロイド切除術後電子線照射療法の後に
                 再発を認めた前胸部ケロイドの1例
     大分大学 医学部附属病院 形成外科  清水 史明
    4.当科におけるケロイドの組織内照射療法
     国立病院機構 大阪医療センター 形成外科  吉龍 澄子
    5.瘢痕・ケロイド治療の法的問題
     東京大学 先端科学技術研究センター
     大阪大学 高等司法研究所  久 智行
    〈特別発言〉
     ケロイド(真性ケロイド)の治療をかえりみて
     藤沢御所見病院 皮膚科・形成外科,関東労災病院 形成外科  伊藤 仁

【一般演題:基礎研究】 10:00 〜 10:50

 座長:慶應義塾大学 医学部 形成外科学教室 貴志 和生
    1.ヒト皮膚線維芽細胞におけるMEA(N -methylethanolamine)の
      細胞外基質関連遺伝子発現制御

     群馬大学 大学院医学系研究科 皮膚病態学  山中 正義
    2.ケロイドにおけるHtrA1 の発現上昇について
     
    京都大学 大学院医学研究科 形成外科  内藤 素子
    3.形状の異なるシリコーン材料による陰性電荷発生の検討
     
    昭和大学 医学部 形成外科  土佐 泰祥
    4.ケロイド発赤部位における炎症細胞の検討
     
    慶應義塾大学 医学部 形成外科学教室  服部 典子
    5.ケロイド発生におけるIL-6シグナル伝達経路の解析
     
    日本医科大学 武蔵小杉病院 形成外科  土佐 眞美子

【一般演題:ケロイドの外科治療・レーザー治療】 10:50 〜 11:30

 座長:福岡大学 形成外科 大慈弥 裕之
    1.前胸部ケロイドに対する穿通枝皮弁を用いた外科治療
     佐賀大学 医学部附属病院 形成外科  渡邊 英孝
    2.右上肢壊死性筋膜炎後の瘢痕拘縮に対し
            遊離前外側大腿筋皮弁を用いて再建を行った一例
     東京大学 医学部 形成外科・美容外科  中井 生男
    3.胸骨部ケロイドに対する植皮術後の電子線照射
     福岡大学 形成外科  木下 浩二
    4.ケロイド・肥厚性瘢痕に対する色素レーザー治療の試み
     岩手医科大学 形成外科  樋口 浩文

【海外招待講演】 11:30 〜 12:20

― Scar Prevention and Management ―
 座長:長崎大学 形成外科 秋田 定伯
 演者:Montpellier University Hospital, France Luc Téot

 

【ランチョンセミナー】 12:30 〜 13:30

 座長:東邦大学 形成外科 丸山 優
 共催:株式会社ジェイメック
    1.レーザーによる瘢痕治療の可能性
     
    日本医科大学 付属病院 形成外科・美容外科  青木 律
    2.ReCell(表皮細胞浮遊液) による瘢痕治療の臨床経験と今後の展望
     
    東京女子医科大学 附属田端NSK ビルクリニック 美容外科  櫛方 暢晴

【パネルディスカッション】 14:00 〜 15:45

 ―ケロイドに対する術後電子線治療の現状と今後の課題―
 座長:京都大学 形成外科  鈴木 茂彦
    日本医科大学 放射線科  宮下 次廣
    1.ケロイド治療における電子線照射の問題点
     
    日本医科大学 付属病院 放射線科  宮下 次廣
    2. 術後電子線照射療法を併用したケロイド治療の検討
     
    長崎大学 形成外科  秋田 定伯
    3.京都大学におけるケロイドの治療方針とその長期成績について
     
    草津総合病院 形成外科  山脇 聖子
    4.ケロイド切除手術後の放射線照射線量の検討
     
    香川大学 形成外科  菊地 守
    5.日本医科大学付属病院における
              ケロイド術後電子線治療の工夫と長期成績
     
    日本医科大学 付属病院 形成外科・美容外科  小川 令
    6.日本医科大学武蔵小杉病院における
              ケロイドに対する術後電子線治療の長期成績
     
    日本医科大学 武蔵小杉病院 形成外科  土佐 眞美子

【運営委員会】 16:00 〜 16:30

【ポスター展示演題】 会場:国際会議室ロビー

    1.Scar managementとしてのメークアップセラピーの意義
     日本医科大学 形成外科  かづき れいこ
    2.肥厚性瘢痕・ケロイドに対する外科的治療の工夫
     日本医科大学 付属病院 形成外科・美容外科  小川 令
    3.帝王切開後の肥厚性瘢痕およびケロイドの検討
     日本医科大学 武蔵小杉病院 形成外科  土佐 眞美子
    4.ケロイド・肥厚性瘢痕に対する
          シリコンジェルシートの作用機序に関する考察
     日本医科大学 付属病院 形成外科・美容外科  赤石 諭史
    5.ケロイドの伸展形式についての考察
     日本医科大学 付属病院 形成外科・美容外科  赤石 諭史
    6.耳部ケロイドの発生・伸展機序とその治療
     日本医科大学 付属病院 形成外科・美容外科  赤石 諭史
▲ PAGE TOP
Copyright(C) 2007-2011 瘢痕・ケロイド治療研究会[ Japan Scar Workshop ] All rights reserved.